美容整形外科はメスを使わない施術が人気!話題の美容スポット

このエントリーをはてなブックマークに追加

輪郭修正の施術

医者

ダウンタイムを考慮

輪郭などのフェイスラインの修正を目的とする美容整形術は、施術ごとにダウンタイムに大きな差が出ます。岡山の美容整形クリニックでも幾つかの施術メニューがあり、回復までの期間に違いがあるのが現実です。メスを使用しない注入系の治療の場合には、比較的ダウンタイムも少なく済みます。一方、外科的アプローチが必要な場合は、回復まである程度の期間を想定しておくことが必要です。頬に問題がある場合は、ボトックスやヒアルロン酸の施術を行なうのが岡山の美容整形クリニックです。例えばボトックスは、張り切った筋肉を緩めます。頬の盛り上がりを押さえて、すっきりとしたフェイスラインを作るのが特徴です。また、ヒアルロン酸による治療は、頬が痩せている場合に有効な施術として挙げられます。ほとんどのフェイスラインの問題は、この手の注入治療である程度アプローチが可能です。注入治療は、ダウンタイムも数日程度で済み、すぐに元の生活に戻れます。より長期的な効果を望む場合、岡山の美容整形クリニックでは骨を削る施術を行ないます。顎や頬、エラなどを中心に口の中から切開して余分な骨を除去するのが、この方法です。こういった骨削りは、ダウンタイムが長期化することで知られます。多少個人差がありますが、約1か月程度は腫れや痛みが続くのが一般的です。静止している状態で症状がなくなっても、口を動かす時に痛みを感じます。人と話す機会が多い方は、生活にも差し障りが出るため要注意です。フェイスラインの施術を受ける際には、このようなダウンタイムの違いを考慮することが必要です。

根本的な原因

顔の輪郭の悩みは、問題の根本的な原因を押さえることで最適な施術方法が見えてきます。顔が大きく見える場合は、脂肪や筋肉の付き方に影響されていることが多いです。頬骨付近に脂肪や筋肉がついていると、笑った時には特に顔が大きく見えます。骨を削らなくても改善が可能なのが、このようなケースです。また、顎が尖って見える場合、概して頬の部分が貧弱になっています。こういったケースでは、ヒアルロン酸などを注入するのが一つの解決法です。頬がふっくらとすることで、顎の部分が目立たなくなります。フェイスラインは細かい部分のバランスが重要です。自分の顔の問題点がどこにあるのかを知ることは、施術を受ける上でも求められます。こういった内容が分かるのが、美容整形クリニックのカウンセリングです。岡山にあるような複数の治療を行う美容整形クリニックなら、適した方法を勧めてもらえます。専門の美容外科医の視点で見れば、問題の原因はほぼ把握が可能です。脂肪や筋肉に問題がある場合は、手術以外の方法が適用されます。骨格に少なからず問題があるときでも、低侵襲性治療から試していけるのが安心出来る点です。実のところ、フェイスラインは様々な要素で形作られます。一つ一つ問題を取り除くことで、最適な方法が見えてくることもあるのが本当の所です。信頼出来る美容外科医であれば、状態を見ながら無理のない施術を提供します。始めは、やや物足りないくらいに抑えておくのが一つのコツです。医師の腕前を確認する上でも、慎重な姿勢を貫きます。